teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ゴミで一考

 投稿者:りっく・おーしぇ  投稿日:2017年 5月25日(木)11時09分14秒
  お隣の県のある市ではゴミの分別が少ないと有名でした。

聞くと焼却炉で何でも燃せるかららしく

ゴミを出す方からすれば便利なのでしょうが

分別やリサイクルに躍起なよその自治体との温度差に閉口。

とかいいつつも

うちの自治体ビデオテープが燃えるごみだった

700本は捨てたので回収日の多い燃えるごみで助かった。

有料化になるほんの少し前の話。
 
 

ぴかぴかの…

 投稿者:ダムダム人  投稿日:2017年 5月24日(水)11時19分34秒
  動作しなくなったHDDをばらしてみました。
普通、HDDのケースねじは簡単に外せない様に
特殊なねじ(トルクス)を使っているのですが、
こいつは普通の「ミリねじ!」。
簡単にふたが開き、中の「円盤」とご対面!
鏡の様にピカピカでした。

今度の「燃えないごみ」の日にだそうと思います。
 

ゴールドラッシュ的な?

 投稿者:まるあ  投稿日:2017年 5月23日(火)22時01分56秒
  内地より景気は良かったのでしょうか
鉄工所などかなりの規模だったようですね
日本撤退後にソ連が機械設備を根こそぎ持ち去った写真もありましたが
今から請求できないのかしら
 

さっき親父に聞いてみました

 投稿者:りっく・おーしぇ  投稿日:2017年 5月22日(月)18時57分50秒
  姉さんは8つ上とのことなので昭和元年生まれでした。終戦時親父が12歳ですから20歳です。年号は定かでは有りませんが舞鶴まで迎えに行ったそうです。  

引き揚げが‥

 投稿者:六番目の貞子  投稿日:2017年 5月21日(日)06時46分12秒
  >まるあさん
  お母様、凄いですね。(°_°)  メカに超弱い私には、「神」としか思えません。(^^;)  その前に、私が育った家には「自家用車」が無かったけど‥。^_-☆

>りっくさん
  私は、満州に住んでた人たち関連の本を、ずいぶん読みましたが、滞在中よりも、日本軍に裏切られたり、ロシア軍に攻め込まれたりした、終戦直後の混乱や、「引き揚げ」ることの方が、物凄く大変だった‥という話が多かったようですよ。(-。-;
 

父の姉

 投稿者:りっく・おーしぇ  投稿日:2017年 5月21日(日)00時38分40秒
  伯母が山梨から満州に働きに出ています。その後長崎に嫁ぎましたので数えるほどしか会えませんでしたし話を聞いたこともありませんが、16,7で海を渡ったはずです。大変だったと思います。  

異郷のモダニズム

 投稿者:まるあ  投稿日:2017年 5月20日(土)14時53分26秒
  名古屋市美術館開催の「異郷のモダニズム」観てきました
満州で展開されたプロバガンダ写真展です
色々と配慮したのか「満州風景写真集」 を淡々とみせられる感じ
期待したものとは違ったのですが
内地の人はこの写真で
「素朴な現地人と日本人が作り上げる楽土」というスローガンを信じちゃうだろうな、とか
草木の乏しい灌漑も無さそうなこの写真を見て
入植しようと思うか?それでも二男以下には魅力的だったか
いや、当時の農村の生活レベルを思えば
「おらの村もモンゴルもそんなに変わらねえよ」と難しく考えずに応募したか

と、色々と推測する
 

スカ爺か・・・何もかもみな懐かしい・・・

 投稿者:まるあ  投稿日:2017年 5月18日(木)23時48分43秒
  りっくさん
恩給のページありがとうございます
恩給はここまで事細かに配慮できるのに生きてた間の兵隊さんの扱いのアンバランスがなんだかな~

貞子さん
「勝手が悪ければ直してしまえばよろしいのよホホホうちは亭主が当てになりませんものね」
というお母さまを見て育ちましたから
 

じゃんく漁り

 投稿者:ダムダム人  投稿日:2017年 5月18日(木)22時01分10秒
  ネット動画でジャンク電脳の動画を見ていたら
何か面白そうなので、一番近いハードオフで
「フロッピードライブ(108円)」と「scsiカード(324円)」を
買ってきました。

色々有りましたが、二つ共動作しました。
※後者はかなり苦労しましたが…

今度、魔窟(秋葉原)に行く時は、この手の店を優先的に行こうと思います。
(魔窟の近くに安く宿泊できるところが有れば、休暇を取って行きたいのですが…)
 

カーラップ?

 投稿者:六番目の貞子  投稿日:2017年 5月18日(木)05時54分59秒
  >まるあさん
  母娘で貼った?  なんか凄いですね。(°_°)  元々、そういうお仕事だつたとか?
  私など、車関係のことは、全てモータース任せです。^^;

  ここ最近、私の住んでる町が、あるアニメの舞台となり、その後「聖地巡礼」と称するファンたちが、わんさと押しかけるようになり、その「痛車」とやらも、よく走ってます。バスや電車まで、「ラッピング」してたり‥。♪( ´θ`)ノ

>りっくさん
  よく調べましたね。^^;
  私の嫁ぎ先では、戦死した兵隊さんが2名いて、「遺族」ということになっていて、「遺族年金」とやらも、誰か?が貰ってるらしいんだけど、貰った覚えの無い我々が「遺族会の会費」を、今だに払い続けてます。
集金に来る方の話では、けっこうな額らしいですよ。(・_・;
 

ボクより上手

 投稿者:りっく・おーしぇ  投稿日:2017年 5月18日(木)00時56分49秒
  貼ったことないんだって!!
ヒートガンで温めつつ凹部の凹みに合わせて伸ばす必要があるのでむずかしいのでしょう。

コテやアイロンの類も同じく

恩給は

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/senbotsusha/seido03/

現在の生活保護以上だと思いますよ
 

実際はどうだったのでしょう

 投稿者:まるあ  投稿日:2017年 5月17日(水)08時59分49秒
  傷痍軍人さんに出る手当というのは幾らくらいだったのでしょう?
憂いなく暮らせるくらい?別に賃仕事をして何とか暮らせるくらい?
また、傷痍軍人さん(本物)は当時どのような扱いだったのでしょうか
やっかみ?いたわり?見て見ぬふり?
貞子さん
>ラッピング」とは、いわゆる「痛車」というのを作るヤツですか?
方法、素材などは痛車と同じです。ご先祖様に恥ずかしいのが痛車。恥ずかしくないのがカーラップです(笑)
リックさん
凹部があまり上手くできません。接着剤を使用しても浮いてきます やはりコテを使うしかないのでしょうか

画像はおかあさまの車です(シルバー部分)おかあさまと二人で貼りましたが確かにもう一人欲しかった・・・
 

新宿の駅に

 投稿者:りっく・おーしぇ  投稿日:2017年 5月16日(火)22時54分0秒
  はかなりの間みかけました。が本物かどうかは大人になると怪しい物です。というのも国からお金が出るのに街頭に立ちますか?軍服を着て『戦傷』と書けば知らない人は信じるでしょう。事故で腕や足を無くしたとしたら。

>貞子さん
元々は塗装の代わりに色を変えるためインドのタクシーがやっていたとか聞きました。

日本の場合その後室内のパネルをカーボン調にするものが流行し(それまでは塗装するしかインテリアの色替えが出来なかった)現在に至ります。
 

傷痍軍人

 投稿者:メタス  投稿日:2017年 5月16日(火)09時27分6秒
  >六番目の貞子さん
私も母親に似たようなことを言われたことを思い出しました。
見ちゃダメっと叱られた記憶も甦りましたw

 

傷痍軍人?

 投稿者:六番目の貞子  投稿日:2017年 5月16日(火)05時08分9秒
  >メタスさん
  管理人のはすぴーさんではないですが、初めまして。(^^;
  私の主な出没地区は、水戸市でしたが、小さい頃、水戸にもそういう傷痍軍人みたいな人が、時々いました。
  足とかに包帯をまいたりして、道端に座り込んで、ハーモニカを吹いてた印象があります。
  幼い頃、その光景を見た私は、なんだか怖くなり、母に「可哀想だね。」と言うと、母は少し通り過ぎてから、小さな声で「あれは、おかしいんだよ。本当の傷痍軍人さんは、国からちゃんとお見舞い金を貰ってるはずなんだから。」と話してましたました。

>りっくさん
  「ラッピング」とは、いわゆる「痛車」というのを作るヤツですか?
  わが町には、よく、たくさん集結してますが‥。(^^;
 

懐かしい

 投稿者:メタス  投稿日:2017年 5月15日(月)11時48分59秒
  偶然コチラのサイトを見つけて、大変懐かしく拝見させて頂きました。
ふと思い出したことがあります。
私がまだ小学低学年のころ(昭和45年頃)浅草寺の境内で、オモチャを山積にして叩き売りをしているおじさんが居たことを思い出しました。
そしてあの頃の浅草寺境内には、傷痍軍人らしき人もいたような気がします。子供心にちょっと怖いと思った記憶があります。
はすぴー様はご存じないでしょうか?
 
    (はすぴー) メタスさん、はじめまして。ようこそお越しくださいました。
傷痍軍人のことは、ぼんやりと覚えています。
川口駅の商店街にいて、ゴザを 敷いて空き缶を置いていたと
記憶しています。
軍服を着て、たいてい2人でペアになっていて、手足のない
人は頭をうな垂れ、もうひとりはアコーデオンで「荒城の月」を
弾いていました。
元軍人さんをよく見ようとしたら、母親から「目を合わせてはいけません」
と注意されたことを思い出しました。
また投稿してみてください。
 

手を出せなかったところ

 投稿者:りっく・おーしぇ  投稿日:2017年 5月14日(日)10時23分40秒
  ボクの仕事の延長でラッピングがあるのですが大きいと車一台全部になるため人手が必要で

二の足踏んだやつ。

女性でも好きな人がいるんですねー(驚)おのこの人形遊びと一緒か(笑)
 

工業用ドライヤーで奴隷の焼き印出来てた

 投稿者:まるあ  投稿日:2017年 5月10日(水)22時11分11秒
  カーボンシート貼り付け、何か地味ね、、、  

皆さんよりも おとっつあん です @ 北の街 まだ療養中

 投稿者:江戸の花  投稿日:2017年 5月 8日(月)19時20分29秒
編集済
   ご無沙汰しております。

 子供の頃は、某北海道函館市と某青森県青森市に住んでいました。

 「あたり前田のクラッカー」は、藤田まことと白木実の「てなもん
や三度笠」(白黒でしたね)で知っています。

 でも、近所で売っているところがなかったので、一度も食べたこと
はないですね(笑)。
 

当たり前田の‥

 投稿者:六番目の貞子  投稿日:2017年 5月 8日(月)15時27分55秒
  >ダムダム人さん
  私は、年齢が同じで、学年が1つ下みたいです。(^^;)

  北海道だと、流れてなかったかもしれませんね。我が家には、皇太子様の結婚式頃からテレビがあったようで、私はすっかり「テレビっ子世代」です。でも、相撲シーズンになると、近所の人までやってきて観戦してたので、その時間帯には見られなかったですね。

>まるあさん
  私の記憶では、藤田まことが番組の終わり頃、最後のシメに、クラッカーを手に持って、カメラに向けながら「当たり前田の‥」とやっていたように思います。^_^
  そういえば、大学のサークルのOB・OG会で知り合った人が、「嫁ぎ先が前田のクラッカーの関係」と話してました。
 

レンタル掲示板
/252